長崎キワニスクラブ|世界の子供たちの為の国際奉仕団体

キワニスクラブは、奉仕活動を行う民間の団体です。

長崎キワニスクラブ ‘活動報告ブログ’

第146回例会 再開

2020-06-09

3月より新型コロナウィルスの影響で例会を休会とさせていただいておりましたが、緊急事態宣言の解除により6月2日(火)第146回例会を再開いたしました。

本日は交代になられた新しい5名の方々をお迎えし、21名の会員の皆様と長崎キワニスクラブの今後の活動としてコロナウィルスの問題に対しどのように関わっていくか…様々な素晴らしいアイディアをいただきました。

 

水嶋会長からご挨拶

医療崩壊を招くだけでなく、社会・経済に大きな変化をもたらせたパンデミックは、私たちの生活を毎日のように変えております。飲食業・観光業など、経済的な打撃は大変大きいものがあるとニュースで報道されております。学校も休校するなど、何もわからない児童・生徒たちにとっても不幸なことだと思います。

全国各地のキワニスクラブはコロナ対策として独自の活動をおこなっているようですが、長崎キワニスクラブにおきましても長崎らしい活動を展開できればと考えているところです。

本日、新しい会員をお迎えできますことは大変大きな喜びであり、心より歓迎申し上げます。

 

交代になられた新しい会員のご紹介

株式会社九電工 総務部長 天野武様        株式会社18銀行 本店営業部長 小佐々佳生様

 

株式会社電通九州 支社長 渡邊憲一様       長崎大学 副学長 井上鋼志様代理 湯川典子様

 

コロナ問題に関し、長崎キワニスの取組みについて

福島顧問より

大学生のアルバイト収入が不足ということで政府と大学が支援することになっている。長崎キワニスにはサークルKの大学生16名が入会しているが、彼らのなかで支援が必要な学生にキワニスから援助してはどうか。クラブの資金がないなら、会員に寄付をお願いして対応してみては。

橋村事業副委員長より

長崎の子どもたちへの活動として、市販されていない2~3歳児用サイズのマスクを贈呈する。サイズを考慮し障害者施設へ発注し、市と協同して乳幼児検診時に贈呈する。

また、ドール活動の中で装飾後子どもたちは必ず集合写真を撮って素敵な笑顔を見せてくれる。コロナで自宅遊びが工夫されている中の1つのツールになると思い、この写真をオリジナルのジグソーパズルにして贈呈したい。

橋村事業副委員長はマスク不足の時期に160枚ほど作成し、保育園へプレゼントされました。お孫さんのマスクを作成したきっかけから、市販されていない2~3歳児用サイズのマスクは大変喜ばれたそうです。

コロナで、生きにくい世の中で頑張っている子どもたちのため、少しでも喜んでもらえたらとの皆様の願いのもとで、お知恵を出し合い今後の活動方針を固めることができました。

次回例会は6月16日(火)となっておりますので引き続きよろしくお願い致します。

明治安田生命保険会社にてキワニスドールづくり 

2020-03-12

2月25日(火曜日)明治安田生命長崎北営業所の「地域社会と絆」プロジェクト活動の一環で(下半期)キワニスドールを作成しました。女性が多く和やかな雰囲気の中で互いに声をかけあい、笑顔で取り組んで頂きました。

最初にキワニスドール髙尾副委員長よりお話がありました。

生命保険のお仕事は、十分に社会貢献されていると…自身も数年前に体調を崩し、生命保険の大切さを改めて痛感しました…との事。

また「キワニス」とは、アメリカのデトロイト周辺に住んでいた先住民の言葉「NUN-Kee-Wan-is」(皆一緒に集まる)と由来のお話も。

皆様に作って頂いたキワニスドールを、実際に保育園や学校等で遊んだり作ったりしている子ども達の写真を見て頂きました。

女性の方はもちろん男性の方も手際よく作っていただき、120体ものドールが完成しました。

一つ一つの作業を丁寧に、まるで子どもをあやすような優しい雰囲気でした。

皆様に作って頂いたドールは、きっと多くの子ども達を笑顔にしてくれるでしょう。

最後はキワニスドール伊達木委員長からの御礼の挨拶とご自分の作ったドールと一緒に記念撮影。

作っていただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

第141回例会

2020-03-05

はじめに水嶋会長よりご挨拶いただきました。

今現在、猛威を奮っているコロナウイルスの今後の問題点として「どこまで情報を開示すべきか?」

差別的な態度、経済的打撃などの懸念があるためナイーブな問題になっている。正しい情報を入手して、自分たちの身は自分たちで守ること、そして自助と同時に「互助」的な精神で、この難関を乗り切らなければならない。(一部抜粋)

 

福島顧問より新企画のご提案で、令和2年8月8日に外国と長崎のこども達で共同作成した灯籠船で灯籠流しを開催する予定でしたが、新型コロナウィルスが拡大している状況を鑑み、一年延期をすることといたしました。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

キワニスドール髙尾副委員長より、タイの北部にあるチェンマイでの活動報告がありました。

バーンロムサイという、HIVウィルスの感染で両親を亡くし、自身も感染している子ども達、またその他の事情で親と暮らせない子ども達が集まる施設のお話でした。施設を立ち上げ、継続して代表として運営をされている、元Giorgio Armaniのデザイナー・名取美和さんにお話を伺うことができたそうです。バーンロムサイは、「ガジュマロの木の下の家」という意味で、偏見と差別の中、生きる場をなくした子ども達が一つの大きな家族のように安心して暮らす家との願いを込めて作られた生活支援施設です。

大きな目標は、子ども達が精神的にも経済的にも自立できるよう支援すること。自立の手段として、また、寄付だけに頼るのではなく継続して運営ができるよう施設自らも経済を生み出すために、縫製工場とホシハナビレッジ(ゲストハウス)が併設されています。縫製工場で作る着心地のよい洋服もインターネットで購入ができ、宿泊施設も3ヶ月先まで予約が入っているそうです。人も町並みも穏やかで、自然豊かな気持ちのよい場所で、北方の薔薇といわれている避暑地。ご家族や、お友達、職場の方とお出かけしてみてはいかがでしょうか。宿泊するだけで支援につながるという新しい支援の形になります。今後キワニスとしては、キワニスドールの作成と灯籠船の共同作成で、長崎の子ども達と交流する喜びを味わってもらいたい…との思いを込めて支援活動を行っていきます。

 

 

入会のご案内
国際キワニス

過去の更新情報(年月別)