長崎キワニスクラブ|世界の子供たちの為の国際奉仕団体

キワニスクラブは、奉仕活動を行う民間の団体です。

長崎キワニスクラブ ‘活動報告ブログ’

第167回例会

2021-09-02

令和3年7月20日(火)ANAクラウンプラザホテルにて、長崎大学の海援隊の小林大瞬さんと会員の方14名、計15名での開催となりました。

本日は8月11日に開催される「灯篭流し」の灯篭船の台座を、皆様に作成していただくよう長崎大学の湯川さん、田雑事業委員長、阪井副事業委員長に材料の持ち込みなどをご協力をいただきました。

〇水嶋会長ご挨拶

オリンピック/パラリンピックは、「文化・国籍などさまざまな差異を超え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって、理解し合うことで、平和でよりよい世界の実現に貢献する」(JOCのHPより)ことを目的としています。
この精神を真に受けて理解すれば、キワニスクラブにとっても、「差異を超え、友情、連帯感をもって、平和でよりよい世界の実現に貢献する」ことはキワニスクラブの活動にとっても本質的には同じだと思います。
一年延期になったオリンピックですが、長崎キワニスクラブの一年後はビッグイベントである10周年記念の大会が控えています。一年はあっという間に過ぎ去りますので、これからの1年間連帯感をもって会員の皆さんとともに準備をしていきたいと考えております。

〇長崎大学の海援隊の小林大瞬さんに、灯篭流しイベントの長崎市平和の文化事業に認定のご報告にお越しいただきました。

また、大学生のボランティアの窓口になっていただいている湯川さんと、灯篭船の台座の作成のご説明をいただきました。

台座となる型紙を線に沿って折り込み両面テープで固定する作業でしたが、一つ一つを丁寧に、手際よく完成することができました。

灯篭流しイベント長崎市平和の文化事業に認定

2021-08-19

平和のために長崎市が好きなことから平和を、ということで平和への想いを表現している団体やイベントの認定、サークルKとして認定いただく。

9aea3acbf53f361acb8ed041096abc5c

第166回例会

2021-08-11

ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルにて第166回例会が行われ、14名の会員の皆さまにご出席頂きました。

〇水嶋会長代理ご挨拶 橋村和子様

6月に九州文化学園のキッズゲルニカの作成に参加した。これは学園のSDGsの活動の一環として行われた。校長先生のお話の中で「6月を忘れてはいけない」と。子どもが子どもを殺すという事件が起こった6月、その中で意味のある活動をしたいという想いからキッズゲルニカを考えられた。この活動はSDGsの17の目標のうちに入る素晴らしい活動。ジェンダー教育なども含め子どもが子どもの未来を考え始めたときに長崎キワニスは大人としてどんな未来を残したらいいか…キワニスの原点を問いかけられたような気がした。

 

〇交代のご挨拶 西日本電信電話(株)長崎支店 事業推進室長 上田智子 様

長崎は生まれ育った町なので親しみがある。

〇第2回日本地区役員会のご報告 片山仁志 様

日本地区のリーダーシップ研修委員長に就任されて3年目を迎える。

先日行われた日本地区会議では、長崎の8月11日(水)灯篭流しのイベントの紹介が行われた。

〇九州文化学園キッズゲルニカ制作、活水・純心中学校灯篭船作成のご報告 田雑孝史様

6月5日世界中で製作されているキッズゲルニカを九州文化学園で子供たちと共同作成した。

その作品を7月7日佐世保中央公園に展示し、同日除幕式を開催。

純心・活水中学校で約50艘の灯篭船を作成し、8月8,9日長崎歴史文化博物館に展示後、8月11日長崎爆心地公園の下の川にて灯篭船を流す。

 

 

 

 

 

 

入会のご案内
国際キワニス

過去の更新情報(年月別)