長崎キワニスクラブ|世界の子供たちの為の国際奉仕団体

キワニスクラブは、奉仕活動を行う民間の団体です。

長崎キワニスクラブ ‘活動報告ブログ’

第223回例会

2024-05-23

【第223回長崎キワニスクラブ例会】

日時: 令和6年4月 16日 (火)  12:30~   ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル

  1. 開会宣言  
  2. キワニス賛歌斉唱
  3. 門司会長挨拶

今回の例会では新規のご入会があるほか、福生様の卓話も非常に楽しみである。5月例会には長崎核兵器廃絶研究センター長 教授の吉田様より卓話を予定している。サークルK長崎大学の学生もチェンマイに行って活動したことから、国際都市として海外と今後も交流していきたい。

 

  1. 新規御入会
  • 朝長万左男 様 長崎大学名誉教授 日赤長崎原爆病院名誉院長 核兵器廃絶地球市民集会ナガサキ委員長 長崎被爆者手帳友の会会長(浦川麻衣子様ご紹介)
  • 野口和子 様 SHINJU INTERNATIONAL株式会社 副社長(浦川麻衣子様ご紹介)
  • 岸原弘美 様 明治安田生命保険相互会社 長崎支社長崎北営業部支部マネージャー(片山仁志様ご紹介)

 

  1. 卓話 「一般社団法人長崎ペンギンの会」代表理事 福生泰彦様

長崎キワニスクラブより寄付金贈呈 KTN入社後、何か子どもの為になることをしたいと考えていた。片山さんが会長の時に、キワニスクラブを存じ上げていた。ペンギンハウスは、十八親和銀行の空店舗に、社会福祉に貢献できる宿泊施設を提案し実現したもの。そこから「一般社団法人ペンギンの会」を設立し、様々な課題を解決しながらここに至った。多くの方のご協力で運営を行っている。ここでは家族が宿泊する部屋を一日1000円で利用していただき、今年3月までで、708名の利用があった。今後もこのような子どもたちや家族の支えになっていきたい。

 

  1. ASPACアデレート大会「灯籠流し」最優秀プロジェクト賞受賞

福島夫妻よりスピーチおよび市長表敬訪問報告 子どもたちのメッセージは、世界中の交友関係によってメッセージが届いている。世界各地の先生からメッセージを受け取り今年も準備していきたい。デンバー大会優秀賞についても、サークルKの学生と共に市長に表敬訪問を行いご報告した。今後も被爆地長崎でイベントができることをみんなが楽しみにしている。

 

  1. 活動報告
  • キワニスドール活動報告(上田委員長) 三原保育園ドール製作活動および「長崎大学ちょいボラ祭」出展報告
  • 純心中学校ビルダーズクラブ担当教員交代 中野先生→道向泰(みちむこたい)先生
  • キワニス奨学金申請(サークルK長崎大学 大隈蓮さん)
  1. 今後の予定
  • 静岡クラブ設立20周年記念式典
  • 2024.7.4~6国際デンバー大会
  • 次回例会 5月21日(火)第224回例会およびクラブ選挙
  1. 閉会  

以上

ASPACアデレート大会2024最優秀奉仕プロジェクト賞受賞!!

2024-03-26

ASPAC アデレート大会 2024.3.6-9
最優秀奉仕プロジェクト賞 受賞
世界の平和を祈る「灯籠流し」

長崎キワニスクラブは、子どもと一つのコミュニティで世界をより良くするために活動を行っている国際ボランティア団体です。当クラブでは、子どもたちと一緒に世界平和への祈りを捧げるために、毎年「灯籠流し」事業を行っています。まず、世界中の子どもたちから世界平和へのメッセージを集め、SLP(純心中学校ビルダーズクラブとサークルK長崎大学)の学生たちや、長崎の各中学校にも協力してもらい、一緒にメッセージを灯籠に貼り付けます。また、この灯籠は、長崎と広島に寄贈された折り鶴の再生紙で作られており、イベント終了後、灯籠を回収し乾燥させ、長崎原爆資料館に展示をしています。多世代が関わることで、すべての人が世界平和について考える機会となるのがこの活動の目的です。

今回この事業がキワニス日本代表のボランティア活動としてオーストラリアで行われた「ASPACアデレート大会」にエントリーされ、最優秀奉仕プロジェクト賞を受賞いたしました。

参考資料 https://www.facebook.com/100068328289948/videos/3727011290914032

【キワニスASPACについて 】
国際本部はアメリカですが、アジア太平洋地域のキワニス地区、暫定地区、および非地区諸国で構成されているのがASPACです。オーストラリア、インド、日本、韓国、マレーシア、ネパール、ニュージーランド・南太平洋(ニュージーランド、ニューカレドニア、フランス領ポリネシア、バヌアツ)、フィリピン・ルソン島、フィリピン南部、台湾、そして非地区キワニス・ネーションズのカンボジア、グアム、香港、インドネシア、モンゴル、上海、タイは、アジア太平洋地域でキワニスを成長させるために活動しています。

十八親和ペンギンハウスへのドール寄贈

2024-03-26

「キワニスドール寄贈」活動報告

日時:2024年3月5日(火)11:00~12:00
場所:十八親和ペンギンハウス(旧十八銀行大学病院前支店)
長崎市坂本1丁目5番2号
担当:一般社団法人長崎ペンギンの会 代表理事 福生泰彦様
対応:門司会長・水嶋事務局長・上田ドール委員長・事務局永井
寄贈:キワニスドール20体

【十八親和ペンギンハウスとは】
長崎大学病院などに長期入院を余儀なくされた子どもたちとそのご家族に、少しでも精神的・経済的な負担を軽減してもらうことを目的としております。

当日は、施設を運営する「長崎ペンギンの会」理事である福生様とボランティアスタッフの方々にドール20体を寄贈いたしました。今後も継続的に寄贈し、ペンギンハウス利用者のご家族を通して入院する子どもたちへ届けていきます。また幼いご兄弟へもプレゼントさせていただき、少しでも家族全員に心の安らぎがお届けできればと思います。

入会のご案内
国際キワニス

過去の更新情報(年月別)